人気ブログランキング |

あひる日記

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧




小石川後楽園

もみじには全然早いし萩・彼岸花はもう終わりという何とも微妙な時期ですが、
小石川後楽園に行ってきました。
a0224502_12503889.jpg


江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)。
西洋の庭園と異なり、日本の庭は道がうねうねしていて先が見えない。見えない先に何があるか、ワクワクしながら散歩を楽しんだ。
園内には内外の景勝地のミニチュアが作られている。旅行が困難な当時、こうして各地の風景を楽しんだ。
1629年(寛永6年)、水戸徳川家水戸藩初代藩主・徳川頼房が作庭に着手、嫡子の光圀がさ完成させた。出典は後楽園の名は『岳陽楼記』の「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」の記述による。
7万平方メートル以上の広大な園内には、蓬莱島と徳大寺石を配した大泉水を中心に、ウメ、サクラ、ツツジ、ハナショウブなどが植えられている。

庭園は水戸藩下屋敷跡。屋敷は今東京ドームがある辺り。

中央の大泉水.亀や鯉がたくさん。入り口で餌を売っている。
水は江戸時代は神田上水から引いていた。水戸藩以外の大名屋敷には許されなかった。初代は家光と親しかったことから特別に許された。今は神田上水はもうないので、園内の井戸から1日450tの水を引いている。

築山は池を掘ったとに出た土や瓦礫できている。一番高い所で海抜18m。

渡月橋
京都嵐山の大堰川を模したもの。
a0224502_1343377.jpg

配置された石は、伊豆山から持ってきたそうだ。江戸城の石垣にも使われている。
頼房と家光は年が近いこともあり仲が良かったらしい。。家光は屏風岩の前に座り松に手拭いを掛けて石についてあれこれ口を出したとか。

ちょっと高いところから大堰川を撮ってみました。
石を並べた沢渡り見えます。今回はパスしたけれど、次回は是非石を渡ってみたい。
a0224502_1334095.jpg
a0224502_13115340.jpg


反対側は、西湖の堤を模したもの。実際の堤は2.8km。


石段に埋め込まれている石もあえて丸と四角を混ぜる遊び心。
清水の舞台を模したもの。
紅葉の名所、京都東福寺の通天橋を模したもの。本物は朱塗りではない。
築山から庭園中央部分を見渡す。
a0224502_13113715.jpg

得仁堂。仁とは、人を思いやる心。元々中には中国の兄弟の木造が安置されていた。互いを思いやる兄弟に、嫡男でないのに跡継ぎにされた光國の兄に対する思いが重なっている。光國は自分の跡継ぎに、この兄の子供を選んでいる。
円月橋。
a0224502_13121869.jpg
水に映る姿と合わせて満月のように見える。当時としては高い技術を要するもので、後に8代将軍吉宗が江戸城吹上の庭に造ろうとしたが遂に果たせなかったといわれている。

神田上水跡。
a0224502_13124014.jpg


園内には、都会の中の自然を求めて様々な動物が集まってくる。
a0224502_13173677.jpg
a0224502_13244063.jpg
春には親子のカルガモにも会えるという。
カワセミの姿を写そうと、大泉水のほとりには恐ろしくたくさんのカメラ爺が三脚を据えて群がっていた。
自分たちはいいかもしれないが、こちらのカメラに小汚い姿が写り込んで他の訪問者の邪魔になること甚だしい。

水は江戸時代は神田上水から引いていた。水戸藩以外の大名屋敷には許されなかった。初代は家光と親しかったことから特別に許された。今は神田上水はもうないので、園内の井戸から1日450tの水を引いている。
カキツバタ。
梅林。光國が最も愛した花は梅。引退後の雅号は、梅里。2月上旬には、紅梅白梅約30種類の梅が咲く。
ここは、日本庭園でも珍しい、田園風景を模した場所です。稲田。光國が嗣子綱條の夫人が公家出身だったため、米作りの様子や大切さを教えるために設けたそうです。現在は地元文京区の小学生が、5月に田植え、秋に稲刈りを行っています。稲田の向こうに見えるのは、文京区役所シビックセンターです。
花菖蒲園。660株の花菖蒲が一斉に咲きます。

九八屋。江戸時代の飲み屋を模しています。名前の由来は「酒を飲むには昼は九分、夜は八分にすべし」という教訓からきています。何事もほどほどに、という教えです。
小屋の中は休憩スペースになっています。ここでお酒を飲みながら休憩といきたいですが、残念ながら園内ではお酒を飲めません。

松原。以前は空が見えないほど松が鬱蒼としげっていたそうです。光國はこの場所を最も珍重し、将軍来園の際にも「これ天下の威光をもっても能はず」と感賞せられたる由なり。

大泉水。
否が応でも目に入ってくる近代的建造物には、正直意趣をそがれます。都会のど真ん中だから、しょうがない。
a0224502_12545858.jpg

琵琶湖を模す。蓬莱島は亀の形。江戸時代はここに船を浮かべて月を観賞する遊びを行いました。月はただ空に浮かぶのを見るのではなく、水面に映った須賀田を愛でるのを風流としました。
徳大寺岩。

船着き場。燈台。

内庭。いわば、水戸家のプライベートガーデン。昔は唐門でオフィシャルガーデンの後園と仕切られていた。
a0224502_13191710.jpg

大きくはない池の周りには松が植わり、心地よい木陰を作っている。いくつか腰掛ける場所も設けられており、わたしはここが一番気に入った。


春は桜に花菖蒲、夏はハス、秋は紅葉、冬は寒椿に雪景色と、季節ごとに違う表情を見せるので、何回でも楽しめます。




by plumpy | 2016-09-17 21:12 | おでかけ

2016年9月 バリ島旅行3 Breeze at The Samaya Seminyak

宿泊したホテルのメインダイニングは、ブリーズ at ザ・サマヤ スミニャック。
毎朝食とディナー一回をいただきました。

オンザビーチのレストランは屋内の席もありますが、私たちは毎日フロントテーブルのパラソルの下でいただきました。

朝食は、好きな時間に好きなものを好きなだけ、というくいしんぼにはうれしいスタイルです。
以下、3泊中にいただいておいしかったもの。

スイカジュース
a0224502_179960.jpg


バナナジュースとミックストロピカルジュース
a0224502_1710495.jpg


ストロベリーパンケーキ、トルティーヤ、ルッコラのサラダ
a0224502_17113390.jpg


エッグベネディクト
a0224502_17131782.jpg


クロックムッシュ
a0224502_17195366.jpg


タスマニアンサーモンとスクランブルエッグ
a0224502_1721675.jpg


ミーゴレン
a0224502_17215441.jpg


フルーツ盛り合わせ
a0224502_1723882.jpg


a0224502_17261284.jpg




2泊目の夜は、サンセットディナーに。日本からフロントテーブルを予約していきました。
a0224502_17513514.jpg


お通し的な小さなすり身のフライとパン。
a0224502_1842790.jpg


ベビーオクトパスのサラダ
a0224502_17575484.jpg


蟹のビスク
a0224502_17571811.jpg


ナシゴレン
a0224502_17593618.jpg


チキンとビーフのサテ
a0224502_17584049.jpg


ひと皿の量がとても多いので、ここでギブアップ。デザートもとてもおいしそうだったんですけどね。

プールの浮島に設えたテーブルでは、パーリー中。
a0224502_1811019.jpg


食後は、波音を聞きながら風が吹かれて浜辺をお散歩しました。



by plumpy | 2016-09-14 20:56 | インドネシア・バリ島

2016年9月 バリ島旅行② ザ・サマヤ・バリ・スミニャック

今回宿泊したのは、ザ・サマヤ・バリ・スミニャックです。

向かって左がレセプション、右がロビーでチェックインはここでしました。
a0224502_14142241.jpg


まっすぐ進むと
a0224502_14153645.jpg

メインプール
a0224502_14193822.jpg

その向こうは、海です。
a0224502_1422524.jpg


わたしはメインプールには入らなかったけれど、プールサイドでアフタヌーンティをいただきました。
a0224502_14251062.jpg

a0224502_14282010.jpg


海は波が高いので、泳いでいる人はほとんどいません。
砕け散る大波とザブーンザブーンと繰り返す波音は、その場にいるだけで癒されます。
a0224502_14315825.jpg


午後6時前後には、海に沈む美しい夕陽が見られます。
a0224502_1435307.jpg

a0224502_1438110.jpg


すっかり日が落ちると、プールサイドは灯りをともした提灯やキャンドルでまた別の姿を現わします。
a0224502_14402948.jpg

a0224502_14405429.jpg


宿泊したヴィラは海辺のメイン棟から少し入ったところにあるため、いつもこんなバギーで送迎してもらいました。乗車3分ほどの距離でしたが、このバギーに乗るのが結構楽しかった!
a0224502_1443293.jpg


ヴィラの敷地は約300㎡。
向かって左が入口。正面に母屋、手前はプライベートプールです。
a0224502_1448866.jpg
a0224502_14504632.jpg
a0224502_1453572.jpg


プールサイドにはこんなリビングエリアもあって、一度はここでアフタヌーンティをいただきました。
a0224502_1565934.jpg
a0224502_1455828.jpg


残念ながらお部屋の写真は撮っていないのですが、100㎡超の広さがある非日常的な空間でした。
ダブルシャワーのシャワーブース、ジャグジー付の広い浴槽、フェラガモのアメニティもとてもよい香りで気に入りました。

夢のような3泊4日でした☆



by plumpy | 2016-09-11 15:13 | インドネシア・バリ島

2016年9月 バリ島旅行① 第1日目&第2日目

3泊2機中泊6日でバリ島に行ってきました。
乾季のバリはずっと良いお天気で、きれいな景色と美味しいご飯を堪能してきました。

今回もエアはマレーシア航空、クアラルンプール乗継です。
(往路)
2140 成田発       翌0400 クアラルンプール着
1200 クアラルンプール発  1505 デンパサール着
(復路)
1915 デンパサール発     2215 クアラルンプール着
2330 クアラルンプール発  翌0740 成田着
  
金曜日、仕事を終えて午後9時40分発の便で出発。
予定より早く午前4時前にクアラルンプール国際空港に着きました。

乗継に8時間もあるので、市街地に出てみます!

市街地中心のKLセントラル駅までは空港バスのエアポートコーチで向かいました。
一人10リンギット、約270円。
0530発の始発バスでしたが、出発10分前にはほぼ満席でギリギリ乗れた感じでした。

乗ってからまだ薄暗い車内を見回したら肌の浅黒いローカルっぽい人ばかりで、のんきな平たい顔をした私たちはとてもアウェイな雰囲気でした。

「万が一事故が起きても、何の保証もないんだろうなー」
とぼんやり考えていたらいつの間にか寝落ちして、気づいたら終点KLセントラル駅目前でした。
所要時間1時間。すでに日がのぼっています。

まずは駅構内で、空港へ向かう帰りのKLエクスプレスのチケットを購入。カード払いディスカウントで44リンギット、約1200円。バスと比べ高い。
でもこのチケットがあると、KLセントラル駅で搭乗チェックインが済ませられるので、短いトランジットの時間を利用して観光するにはとても便利。
今回も朝一に搭乗手続き完了。あとは1020のエクスプレス出発時間まで自由に遊べます。

まず朝ごはんを食べにPasar seni駅の中華街へ。
a0224502_23481137.jpg


去年も来たフードコート。
a0224502_23484628.jpg
a0224502_23583227.jpg


『冠記支店』のワンタン麺。オイスターソース味の麺は別盛り。
a0224502_23578100.jpg


隣のお店の麻ラー板麺。
a0224502_2358555.jpg


食後、すぐ近くの関帝廟に寄ってみました。
a0224502_00173.jpg


Bandaraya駅方面に向かい、オールドタウンを散策します。

遠くにマスメッド・ジャメを望む。
a0224502_013376.jpg


スルタン・アブドゥル・サマド・ビル
a0224502_0518100.jpg


ムルデカ広場。何かのイベントの準備中。
a0224502_0142236.jpg


朝の8時前後なので、暑くもなくさわやかです。

30分ほど歩いて向かった先は、『Kafe CT Selera』。ロティ・チャナイとテ・タレ(マレーシア風ミルクティ)が美味しいと聞いてやってきました。
a0224502_0164576.jpg
a0224502_0275873.jpg


ロティは、言うなればパイのように層になったクレープ。添えられたカレーにつけて食べます。

プレーンなロティ。
a0224502_0231066.jpg

卵ロティ。
a0224502_0232094.jpg

甘くて濃厚なミルクティ、テ・タレ。
a0224502_0232997.jpg


オープンエアの席にすわると、時折風が吹きぬけます。
a0224502_027043.jpg

いつの間にか、地元の家族連れが次々やってきてかなり混んできました。
お腹もいっぱいになったし、私たちは先を急ぎます。

電車を乗り継いで、ペトロナス・ツインタワーを見に行くよ。
クラナ・ジャヤ線KLCC駅で降りて、KLCC公園へ。
目の前に10人乗りぐらいのバギーが止まっていて、人が乗り込んでいたので行き先もわからないまま私たちも乗ってみました。
バギーはかなりの速さで公園内を疾走、気持ちいい!!
公園を半周ほど走ったところでストップしました。トレーダースホテルのバギーだったみたい、ちゃっかり利用させてもらってすみません。

このころにはすっかり晴れ、抜けるような青空をバックにツインタワーを撮ることができました。
a0224502_0425970.jpg


その後は電車とKLエクスプレスを乗り継いで空港に戻り、30分ほどの遅れでバリに向け出発。
KLIAであわてて飲んだOldtown White Coffee。
a0224502_1152636.jpg


1530到着後エアポートタクシーでホテルに向かいました。
宿泊先は、ザ・サマヤ・バリ・スミニャック。海に面したヴィラタイプのホテルです。
空港からはひどい渋滞で、ホテルに着いたのは1730前後でした。

ホテルのあるクロボカン・スミニャック地区はレストランや洋服・雑貨のお店が立ち並び、バリでももっとも洗練された地域と言われているらしいです。
ひと休み後ぶらぶら出かけてみましたが、狭い道にひしめく人と車の多さで圧倒されてしまいました。

雑踏の中を小一時間は歩いたでしょうか、そろそろお腹がすいてきました。
バリ島での最初のごはんに訪れたのは、大通りから入った細い路地に面した『ワルンタマンバンブー』というお店です。
この頃にはすっかり日が落ち、お店を探しながら真っ暗な路地を進んでいくのはスリルがありました。ようやくお店の看板を見つけた時は、うれしかった!
a0224502_174960.jpg

間口は狭いけれど、うなぎの寝床のようで奥は結構広いです。

意外におしゃれな雰囲気の店内とかわいいお店のおねえさんたち。
a0224502_110854.jpg


まず白米か黒米をお皿の真ん中によそってもらい、次にガラスケースの中に並んでいるいろいろなおかずの中から好きなものを好きなだけ選んでお皿に載せてもらうワンプレート料理、「ナシチャンプルー」です。
a0224502_1135857.jpg

カレー、肉、野菜・・・いろいろなものを載せてもらいましたが、そこまで辛くはなくどれもとてもよいお味でした。大豆とナッツでできたピーナッツ味噌のような食べ物がとくに美味しかったな。

ナシチャンプルー2皿とビンタンビール大瓶3本で、1200円相当だったはず。

おいしくて感じがよいお店に満足した後は、徒歩5分ほどのところにあるマッサージ店『Chill』に向かいます。
日本からメールで予約してました。
いわゆる街スパなので、施術は個室ではなく大部屋に並べられたベッドで行われます。私たちは他にお客さんがいなかったので貸し切りでした。

イヤホンから流れるヒーリング音楽を聴きながら、1時間半(+15分ぐらいやってくれたかも)足と手を中心に丁寧にマッサージしてもらいました。320,650IDR、約2500円です。
街スパとは言えとても清潔なお店で、受付の女性も感じがよく好感が持てました。

タクシーでホテルに戻った時には、10時半近くになっていました。

悪名高いバリのタクシーですが、きちんとメーターを使ってくれるブルーバードタクシーは旅行者も安心して乗れるそうです。
このときもブルーバードタクシーに乗ったのですが、ズルをされてしまいました。
メーターを動かしてはいるのですが、上からお菓子の袋で隠して微妙に見えないようにしているのです(笑)。
でもちょっと顔をかしげると丸見えで、なんでそんな中途半端な隠し方するのか謎だったんですが。

結局日本円にして100円ほど余計に請求されたけど、右も左もわからない中運び届けてくれてありがとうっていう気持ちが強かったし、ズルって言ってもなにしろ100円なので、サンキューって言って支払いました。

長かった旅行1日目と2日目はこれでおしまい。

続く。



by plumpy | 2016-09-11 06:00 | インドネシア・バリ島

ひっそり暮らしてたまにごそごそ活動します。
by plumpy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

タグ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧