人気ブログランキング |

あひる日記

<   2015年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧




『かりん本舗』本かりんの雫

3月末に2年ぶりで風邪を引いたら咳が長引き、1か月以上たった今でもゴホゴホやっています。

いただいたかりんエキスがあったのを思い出し、お湯で割って飲んでみたら不思議なぐらいピタッと咳が止まるんです。
それに香りがよくてとても美味しい。

あっという間になくなって、取り寄せようかとネットで探しても「売り切れ」ばかりで見つかりません。
そうなると益々ほしくなって、ラベルの連絡先に電話にしたら、
「もう作らないんです。」
と。

がーーーん。

これはからっぽになってしまった空き瓶。
a0224502_1651306.jpg

この容器も絶対液だれしないスグレ物で、中身はもちろん、とにかく気に入った品だったんだけどね。
残念。

かりん本舗さん、また販売してください。



by plumpy | 2015-04-29 16:50 | ちょっとしたおいしいもの

「共栄商会」うなぎ佃煮 

いただいた国産うなぎの佃煮が、とってもおいしかったのでメモ。
a0224502_16391277.jpg
a0224502_16392341.jpg
a0224502_16393175.jpg




by plumpy | 2015-04-29 16:40

遅咲きの桜@新宿御苑

4月初旬ソメイヨシノが散った頃、遅咲きの桜が咲く新宿御苑に行ってきました。
気温が25℃越えをする今頃になってブログに上げるのも間が抜けていますが、備忘録ということで。

新宿門前の焼き鳥屋さんでお昼ご飯。
a0224502_1620452.jpg
a0224502_16113884.jpg

a0224502_16105787.jpg
a0224502_16211352.jpg
ランチの親子丼が1,000円。
看板メニューらしい銘柄鶏の焼き鳥は、1本1,000円前後となかなかの値段でした。
a0224502_16213791.jpg

可もなく不可もなしといったお店でございました。

a0224502_16293261.jpg
a0224502_16221556.jpg
a0224502_1624697.jpg
a0224502_16223829.jpg
a0224502_1623011.jpg
a0224502_16295684.jpg

これは、めずらしい緑色の桜です。
a0224502_16233196.jpg
a0224502_16301896.jpg


この数日後に再訪した時は、さらに桜が咲き誇り、休日のせいもあって人出もものすごかったです。



by plumpy | 2015-04-29 16:33

『清川屋』の「いも煮会」

いも煮会と言えば山形の郷土料理ですが、とっても美味しいレトルト食品をいただきました。

例によって食べてしまった後なので、パッケージの写真だけ。
a0224502_1311215.jpg

白味噌のやさしい味とたっぷりの具材。写真にまけないぐらい具沢山な感じです。
文句なしに美味しかったです。



by plumpy | 2015-04-24 12:46

うなぎいも

「うなぎいも」っていうのは、浜名湖のうなぎと遠州浜のさつまいもがコラボして生まれた浜松限定のブランドさつまいもだそうです。

そのキャラクターがこれ↓↓
a0224502_23592789.jpg

ウナギイヌ好きとしては、ビビッとくるものがありました。

うなぎいもを使ったお菓子もとても美味しかったです。
色々なお店から様々なお菓子が出ているようですが、私が気に入ったのは『浜名湖さんぼし本店』といううなぎ専門店の「生スイートポテト」です。
とりわけ冷蔵庫で冷やして食べたら◎でした。




by plumpy | 2015-04-24 00:03 | ちょっとしたおいしいもの

中国人観光客とか…

ある神社に行ったら、古札納所に納められていた破魔矢に目を付け、ガソゴソ取り出して、ちゃっかり手に持ちカメラに収まっている団体がいました。

浅草の回転寿司店の前を通ったら、カウンターにぎっしり止まっている中国人観光客。
立ち止まって見ていたら、期待を裏切らない奇行です。
手に手に自前のサーモスやらプラスチック製容器を取り出して、カウンターの注ぎ口からお茶を汲み出しました。
それがとても自然な感じで、あちらのガイドブックか何かに回転寿司ではお茶補給マストとでも紹介されてるんでしょうかね。

ソフトクリーム片手に都心の地下鉄に乗ってきたり、SHISEIDO THE GINZAではTシャツの裾をまくり上げタヌキみたいな裸のお腹を出した刈り上げのおじさんがウロウロしていたり、どんな場所でも彼らはとてもフリーダム。

こんなことあえて書いているのは、昨日とても不愉快な思いをしたからです。
おそらく相手は中国人ではなく韓国人だと思うのですが、地下鉄を降りしな、いきなりガンと肘鉄を喰らいすごい顔で睨まれました。
観光客ではなくビジネスマン風でした。
通り道を私が遮ったと感じたみたいです。

もちろん黙ってはいませんよ。
素知らぬ顔で先を急ぐ相手を掴まえ、問い詰めて謝罪させました。
そしたら何と、私が「日本の方ですか」と尋ねたのが差別だとぬかすのです。
出た!差別!
何も言わずにいきなり肘鉄を喰らわしてきたら、相手は言葉のできない外国人だと思うのは当然でしょう。
自分の行為が不当なのを承知しているからこそ、難癖つけているのも明白です。
とにかく、差別、差別の一点張り。とても傷ついたから謝罪しろとまで言いだしました。
ふ・ざ・け・る・な。

思うに、日本人は優しいから?揉め事を嫌うから?やりたい放題させ過ぎ。
度を過ぎた行為や誰の目にもおかしい言動についてはきちんと立ち向かわないと、日本人はチョロいってなめられるばかりです。

国民性や習慣の違いによるものもあるし、歩み寄ることも大事だけれど、NO なものはNO とはっきり言ってもいいし、言わなきゃならないんだと思います。



by plumpy | 2015-04-22 14:19 | その他

夜の雷門

夜の浅草雷門。

お店もシャッターを下ろし、道行く人もまばら。
にぎやかな昼の浅草とはまったく違う姿を見せていました。

それでも雷門の前では何人もが写真を撮っています。
ライトアップされた大提灯にわたしも思わずシャッターを押してしまいました。

a0224502_23483893.jpg


a0224502_23485784.jpg




by plumpy | 2015-04-08 23:53 | 上野・浅草

九段下『FACTORY』でモーニング

1月のことなのでかれこれ3か月も前ですが、靖国神社の前にあるパン屋さん『FACTORY』で朝ごはんを食べました。
平日限定のモーニングが大人気だそうです。
私が行ったのは10時近かったので空席がありましたが、開店前には行列ができるのだとか。

店内。おしゃれです。
a0224502_1411544.jpg


先に会計を済ませ、コーヒー/紅茶、パン1種類(ベーグル/クロワッサン/リュスティック)、卵(スクランブルエッグ/ゆで卵)を選びます。

レジ横には、グラノーラ、オレンジジュース、牛乳、ジャム、バター、フルーツ、ヨーグルトが置いてあり、思い思いに好みの品を取って自分の席につきます。

価格は700円位だったはず。

ベーグル、スクランブルエッグ、紅茶を選びました。
a0224502_1445299.jpg
右奥は、後から持ってきてくれたミニパン。
スクランブルエッグはとりたてておいしいということはなく、家庭で作るレベル。
ベーグルはおいしかったです。

フルーツ
a0224502_147993.jpg
すっぱ~い!!

ヨーグルト
a0224502_1474122.jpg
ガラスの瓶に入った昔のヨーグルトみたいな味。

グラノーラはすこーし食べてみたけれど、口に合いませんでした。

絶賛されている理由は、これだけの量と種類で700円(?)というコスパの良さだと思います。
パンは美味しかったですよ。



by plumpy | 2015-04-08 18:44 | 神田・神保町

鎌倉 3月下旬

3月下旬曇天の休日、鎌倉に行ってきました。
桜にはまだ早く、人出もさほどなかったので、早春の鎌倉を一人でぶらっと回ってみました。

横須賀線を北鎌倉で下車に、円覚寺へ。
北条時宗が無学祖元を宋より招いて開いたお寺、鎌倉五山の第二位です。
開山の背景には、禅宗への帰依と共に、元寇の殉死者を敵味方なく弔う思いもあったそうです。
a0224502_11332670.jpg

山門
a0224502_11334952.jpg

本来は住職が居住する建物だった方丈。
お地蔵さんをスケッチするお年寄りとそれを見るお年寄り。のどかであります。
a0224502_1142974.jpg

その裏庭園。
a0224502_11505926.jpg


開山当時からあるという妙香池。
a0224502_11534921.jpg


境内の小高い場所からは、山の斜面に人家や建物が肩寄せ立つ鎌倉の町が見えました。
a0224502_11565792.jpg


線路沿いを10分足らず歩いて、次に訪れたのは鎌倉五山第一位の建長寺です。
北条時頼が蘭渓道隆を招いて開いた禅寺。
当時は、承久の乱を経て北条氏の力がぐんぐん上向いていた時代です。
禅に厚く帰依していたという時頼は、荘厳たる建長寺を開き、さぞやご満悦だったことでしょう。
a0224502_11581153.jpg


法堂には、ご本尊の千手観音とともに、お釈迦さまが苦行を行っている姿を表した、珍しい釈迦苦行像がありました。
a0224502_12165523.jpg


こんなところを登ってみました。
今さら気づきましたが、上る所があると必ずのぼっているみたいです。「なんとかと煙は・・・」てやつですね。
a0224502_12171545.jpg


途中にはこんな方たちが。
a0224502_12201254.jpg
a0224502_12202679.jpg
a0224502_1220376.jpg


さらに登ります。
a0224502_1221123.jpg


その先の見晴らし台からの景色。
晴れていれば由比ヶ浜まで見晴らせて、さぞきれいなことでしょう。
a0224502_12212140.jpg


この後は、鶴岡八幡宮へ。
鎌倉の顔とも言えるので外すわけにはいきませんが、観光ポイントとしては特に目を引くものもない気がします。
ただ4月初めに訪れた際は、源平池の桜が満開で、それは見事な景色でした。

鎌倉駅から江ノ電に乗り、長谷寺で下車。
あじさいで有名な長谷寺へ。

ここでも上る!
a0224502_12352931.jpg

建長寺からと比べると、海が近い。
a0224502_123647.jpg


高いところと同じぐらいに好きなのが洞窟系。
弁天窟に入ってみました。その昔、弘法大師が参籠したと言われている洞窟です。
a0224502_12383983.jpg
岩肌に彫られた弁財天をはじめとする像が、ろうそくの明かりに浮かび上がる光景は幻想的。
この辺りで言えば銭洗い弁天や江の島の岩屋など、洞窟は童心に戻ってワクワクできるから大好きです。

最後は、鎌倉の大仏。
多分、初めてお目にかかります。
これまでもトライしたことはあるけれど、いつも連休中のため、駅から続く人の列に恐れをなし途中で退散すること幾度か。

a0224502_12492182.jpg
a0224502_12493118.jpg

元は建物の中に坐していたという大仏様。
台風や津波で建物が吹き飛んでも、1252年の創建以来でんとして座り続けて800年弱。
鎌倉のすべてを見てきた仏様ですね。

帰りは、江ノ電で藤沢駅へ。
a0224502_12544238.jpg


こんなかわいい電車に乗ってたんだ♪
見知らぬご婦人グループもうれしそう。代わる代わる記念撮影していました。
a0224502_1256279.jpg


この後、4月第一土曜日に訪れた際は桜が満開、「The 日本の春」でした。

小さいけれど見どころ満載の鎌倉、GW、あじさいの頃、海水浴シーズンが来る前にまた訪ねてみたいです。



by plumpy | 2015-04-07 13:03 | おでかけ

日光 3月下旬

3月下旬、とてもよく晴れた日でした。
雪こそ消えていたものの、日光は身を切るほど空気が冷たく、薄手のジャンパーを着ていた私は、帰ってから風邪を引いてしまいました。

東照宮は、平日でも人でいっぱいでした。
半分は外国からの観光客。都心よりも西欧系の旅行客が多いです。
a0224502_11445992.jpg


一人だったので、初めてイヤフォンガイドを借りてみました。
すべての建物について、簡単ではあるものの満遍なく説明がされていて、初めて訪れる人にはまあまあいいんじゃないでしょうか。

強力なパワースポットと言われる東照宮の中でも、手水舎と鳥居の間のこの辺りのエネルギーは特に強いそうです。
a0224502_11495678.jpg


修復中の陽明門をくぐった先の拝殿。
この日は自由に見ることができ、続く石の間にも降りることができましたが、後日日曜日に訪れた際には、観光客が多すぎたため畳の上に座って係員の説明を受けたら即追い出されてしまいました。

初めて家康公の墓所である奥宮も訪れました。
東照宮内でも一、二を誇るパワースポットだそうです。
墓所に続く207段の階段を、両側に高い木々がそびえ立つ中をずんずん上って行くと、たしかに神聖な空気に包まれているような気がしてきました。

家康公の墓所は、絢爛豪華な東照宮の中にあっては、思いのほか地味なものでした。
近くには、すべての願いをかなえてくれるという「叶杉」があります。
そのほこらに向かってお参りすると、ありとあらゆる願いを聞いて下さるとか。

次に向かったのは、二荒山神社。
東照宮の手前を通る上道を歩いて向かいました。
心が落ち着く気がして、とても好きな道です。
a0224502_1273255.jpg

夫婦杉、親子杉が有名で、縁結びのご利益があるそうです。

最後に、家光公の墓所である輪王寺大猷院へ。
祖父である家康を崇拝し、東照宮の隣に葬られることを望んだという家光。
おじいちゃんに失礼に当たらないように、地味にしてね、と言い遺したそうですが、十分豪華。

二天門
a0224502_12203783.jpg


私が気に入ったのは、夜叉門。
かわいくポーズをとっている四夜叉がツボでした。
履いているショートブーツやフラットシューズがかわいいです☆裾のドレープもイイ感じ↑
a0224502_12223653.jpg
a0224502_1222468.jpg
a0224502_12225626.jpg
a0224502_1223423.jpg


神橋
a0224502_12293957.jpg
a0224502_12294963.jpg


空気は冷たいけれどとてもよく晴れていて、山々が青空にくっきり映えて見えました。
a0224502_12282951.jpg


日光名物湯波料理のお店『与多呂』で、昼食をとりました。
京都では湯葉、日光では湯波、というそうです。
a0224502_12331732.jpg


湯波ランチ 3,000円
a0224502_12333322.jpg

a0224502_12334792.jpg

a0224502_1234281.jpg

a0224502_12341450.jpg

a0224502_12342520.jpg

a0224502_12344065.jpg

a0224502_12412036.jpg


お土産に『落合商店』の志そとうがらしを買いました。
a0224502_12421377.jpg


何度も行っている日光ですが、一人でぶらぶらするのもいいものです。
陽明門を初め修復中のところが多くてすべてを観ることができないのは残念ですが、夏には戦場ヶ原や日光湯元の方も行ってみたいと思っています。



by plumpy | 2015-04-06 18:10 | おでかけ

ひっそり暮らしてたまにごそごそ活動します。
by plumpy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

タグ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧