人気ブログランキング |

あひる日記

<   2012年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧




『京橋千疋屋』モーニングとプレミアムピーチパフェ

休日の朝、家族が皆早々に出払ったので、ラッキーとばかりに荻窪ルミネ1Fの京橋千疋屋に朝ごはんを食べに行きました。

10時開店の約30分後に入店しましたが、すでに七分ほどの入りでした。
おばあさんのおひとりさま多し!!
おつかいに来たついでについ寄っちゃうのかな。みなさん、モーニングを頼んでサッと食べてサッと出ていきます。
スタバなんかでお茶するより、おばあさんたちは千疋屋の方がゆっくりできるんでしょうね。私もそうだし。

モーニングは3種類、トースト、サンドウィッチ、ワッフルのいずれかにミニサラダとヨーグルトがつきます。
コーヒーまたは紅茶がついて600円。

サンドウィッチのモーニング
a0224502_1758241.jpg
具はハム、卵、野菜
a0224502_17593514.jpg
サラダ
a0224502_1803559.jpg
デザートのヨーグルト
a0224502_1834525.jpg

a0224502_1844929.jpg
紅茶はポットで出てきますが、ティーバッグです。砂糖ではなくはちみつが添えられていました。

メニューを見ると、『プレミアムピーチフェア』というのを期間限定でやっているではありませんか。
桃もそろそろ終わりだな―、と思ったら食べたくなって注文しました。

プレミアムピーチパフェ(1,680円) 生クリームとヨーグルトのいずれかを選べます。ヨーグルトをチョイス。
a0224502_186499.jpg
これはもう、ものすごく美味しかったです!!
構成は、下から桃のシロップと桃の小片→ヨーグルト→フローズンヨーグルト→生クリーム→カットした桃→桃のシャーベット→生クリーム→巨峰。
a0224502_1865011.jpg
上にのっているカットした桃は4個、白桃と黄桃までは区別がつきましたが、細かい種類はわかりません。いずれも甘くてジューシーで、旬の桃を堪能できました。
シャーベットやヨーグルトもほどよい甘さで、フルーツとたいへんマッチしていました。

大人になって果物はそれ自体食べるのが一番だと思うようになりパフェ類は滅多に食べなくなりました。
でもクリームやアイスと一緒ならではのフルーツの美味しさってあるのですね。目から鱗の思いです。



by plumpy | 2012-08-28 09:00 | 荻窪・西荻窪・吉祥寺

『赤トンボ』サンドウヰッチ

以前は虎ノ門にレストランがあり、父がここのカレーライスが好きだったので子供のころから何度か連れて行ってもらいました。
残念ながらおぼろげにしか覚えていないのですが、ホールのようなちょっと古めかしい内装や給仕の方たちの物腰など、「ハイカラ」という言葉がよく似合うお店だったように記憶しています。

その後何十年も隔てて、今年の6月いっぱいでレストラン営業を終了したことを知りました。
虎ノ門のお店は2010年にすでになく平河町に移転していたそうです。今回そちらも閉店し、今後は日本橋の新店舗にてサンドウヰッチの販売のみの営業となるというのです。

すっかり年をとった父の姿と重なり、なんだか寂しくなりました。

ミックスサンドウヰッチ
a0224502_1535540.jpg
「サンドウィッチ」ではなく「サンドウヰッチ」と表記するそうです。
これも父の好物なので、実家に帰るときには日本橋高島屋に寄ってよく買っていきます。
フィンガーサイズで、奇をてらわないおいしさ。
いつまでも残っていってほしいものです。



by plumpy | 2012-08-25 09:00 | 新橋・銀座・日本橋

台北『ever rich』パイナップルケーキ

台北に行っている家族から
「なんかお土産いる?」
とメールがきたので、以前台北松山空港で買って気に入った『舊振南餅店』のパイナップルケーキを注文しました。
ほんとうは、からすみとか、ドライフルーツとか、中華調味料とか・・・ほしいものが色々あったのだけれど、とても任務を果たせるとは思えなかったので、とりあえず空港で買える一番簡単そうなものをお願いしました。

でもねー、パイナップルケーキであるのはたしかなんだけど、欲しかった『舊振南餅店』のじゃなかったのよねー。
『ever rich』という台北の免税店の品。
台北桃園空港からの便だったそうなので、『舊振南餅店』は入っていなかったのかもしれないけれど。
a0224502_14372832.jpg
a0224502_14485855.jpg
a0224502_14495964.jpg
a0224502_14504927.jpg
中のパイナップル餡は甘さ抑え目、クッキー生地はほろほろっとやわらかいタイプです。
思ったよりも美味しかったけれど、この暑い時期には生地のバターっぽさがちょっと重たく感じました。

台北では、お約束の鼎泰豊や士林夜市のほか、台北市を一望できる陽明山の頂にあるレストランにも行ったそうです。夜景がすばらしく、その夜は折しも花火大会が催されて、とてもよい思い出になったと言っていました。
お料理も、イタリアンだかフレンチだかで(本人、西洋料理は全部いっしょで区別がつかない)とてもおいしかったそうです。

でも一番気に入ったのは、夜市で買った台湾ワッフルだそう。、生地がもちもちしているんだって。
小籠包も、鼎泰豊よりホテルの近くで朝ごはんに食べた家族経営の名もないお店のがおいしかったそうです。
こういうの、貧乏舌っていうんでしょうね。

ホテルは、台北駅近くの皇家大飯店。いわゆるビジネスホテルのようでバスタブはなくシャワーのみとのことですが、改装されたばかりでとても清潔、一人でダブルベッドを利用できなかなか快適だったそうです。

行きたくなっちゃったな、台湾。



by plumpy | 2012-08-24 09:00 | スイーツ

『ピエール・エルメ』 タルトシトロン

伊勢丹新宿店で購入。

タルトシトロン(525円)は、『ピエール・エルメ』のケーキの中で一番好きです。
a0224502_1105492.jpg
「すっぱ~い!!」って言うぐらいレモンの酸味がきいていて、甘さも相当なものでとても濃厚なお味です。

こちらは前回のブログでUPした『アンリ・シャルパンティエ』のレモンタルト。
a0224502_1142727.jpg
こちらの方が上品でやさしい味かな。どちらも甲乙つけがたい美味しさです。
外見は『アンリ~』の方がレモンクリームの表面がなめらかで美しいですね。
お値段は、『エルメ』525円に対して『アンリ~』はテイクアウトだと400円しなかったはず。
これだと『アンリ~』に軍配を上げたくなりますが、残念ながら銀座本店限定のケーキなので買いに行くのがちょっと面倒です。

マダムフィガロ(735円)
a0224502_1114834.jpg
台はオレンジ・グレープフルーツ・いちじく・アプリコットのコンフィ入りフィナンシェ。中にはクレームパティシェール、外側を包むのはオレンジ風味のクレームブリュレ。
トップを飾る華やかなフルーツから、甘酸っぱい爽やかな味を期待していましたが、甘~いクリームのぐずぐず感ばかりを感じるケーキで、好みではありませんでした。

素材が持つ単純明快な美味しさを求めたいので、複合的なハーモニーを重視するエルメのお菓子はやはりあまり得意ではありません。



by plumpy | 2012-08-23 09:00 | スイーツ

『アンリ・シャルパンティエ』銀座店

『アンリ・シャルパンティエ』銀座店に行って来ました。

デパ地下でよく見るケーキ屋さんのフラッグショップです。
以前伊勢丹新宿店で購入した際、いつ作ったのかわからないほどスポンジがぱさついていて、それ以来絶対買わないことに決めていました。
でも、銀座店は別物、という話をあちこちから聞いていて、実は気になっていたのです。
人気店で、連れて行ってくれたお友達はこれまで休日に2回トライしたものの満員で入れなかったそうです。
平日のこの日、午後1時過ぎに訪問すると意外にもすんなり入店できました。

重厚で格調高い店構え。
a0224502_2391741.jpg
a0224502_23233239.jpg
1階はケーキショップになっていますが、むしろ宝石店のような趣きです。
サロンドテは螺旋階段を下りた地下にありました。全体に濃いピンク ‐入口画像のメニュー板の色- の色調です。
テーブル間はそれほど余裕がなく、入口から想像したほどゴージャスな雰囲気ではありませんでした。
平日のためか場所柄か、客の年齢層はかなり高め、女性が8割以上を占めていました。

大昔、まだ『アンリ・シャルパンティエ』が全国区のお店になる前、関西旅行の際に神戸の本店を訪ねたことがありました。当時は『アンリ~』と言えばマドレーヌが有名でした。阪神電車に乗って川が流れる小さな駅で降りた記憶がおぼろげにあります。
年がばれますね、私は聖子ちゃんカットに失敗してヘルメットのような頭をしていました。

メニューに掲載された絵画のようなデゼールプレートの数々に心が奪われましたが、ランチの後だったので大人しくケーキをいただくことにしました。

銀座店限定のレモンタルト(473円)
a0224502_23103020.jpg
さくっとしたタルト生地に酸味のきいてとろっとしたレモンクリーム。おいしい!

アッサム・カルカッタオークション(893円)
a0224502_23112398.jpg
メニューによると「金色の新芽ゴールデンチップスを豊富に含んだ、贅沢なアッサムのみのブレンド」ということです。

こちらはお友達の選んだマンゴーのムースゼリー包み
a0224502_23121211.jpg
つるんとしたマンゴーゼリーが涼感をよびます。

余談ですが、仕掛け扉のようになっている洗面所にはびっくり!なかなか楽しい工夫です。お店に行かれる方は洗面所に寄るのをお忘れなく。

接客も丁寧で、銀座らしくちょっと気取ったティータイムを過ごすことができました☆



by plumpy | 2012-08-22 09:00 | 新橋・銀座・日本橋

『志むら』かき氷

蒸し暑い日が続く東京。
目白駅近くの和菓子店『志むら』にかき氷を食べに行って来ました。

この夏二度目のかき氷。
一度目は日本橋高島屋の『叶匠壽庵 』で宇治金時をいただきましたが、まだ暑さのピーク前だったのでそれほどありがたみはありませんでした。
やはり氷は、ジリジリ太陽が照りつけるような暑~い日に食べなくちゃね。
a0224502_22315093.jpg
午後3時過ぎに到着すると、2階に続く狭い階段には10人以上の行列ができていました。
お盆休みのため、家族連れのお父さんの姿もちらほら見えました。
15分ほど待って、3階に案内されました。

ぶどうゼリーの入ったぶどうかき氷にも魅かれましたが、やはり定番、生いちご(800円)!
+100円でアイスもトッピングしました。
a0224502_2239476.jpg
いちごを煮詰めたシロップは、甘さ酸っぱさともにとても濃厚です。氷壁を少しずつ崩しながらシロップと混ぜて口に運ぶと、すーっと体から熱がひいていくようでした。

こちらは宇治金時(800円)、白玉入りです。
a0224502_2233545.jpg

お土産には、虎豆を練りこんだ求肥にきなこをまぶした九十九餅を買いました。

夏に一度は食べたい『志むら』のかき氷。
なんとなく夏の課題を一つ終えたような気持ちになって、お店を後にしたのでした。



by plumpy | 2012-08-16 09:00 | スイーツ

ゴルゴンゾーラチーズトースト

お店で食べておいしかったゴルゴンゾーラチーズトーストを作ってみました。
a0224502_18165383.jpg
あらかじめ混ぜておいたゴルゴンゾーラチーズとはちみつをバゲットに塗り、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼くだけです。
ゴルゴンゾーラチーズの塩っ気と少し癖のある香り、はちみつの甘さがよくあってとってもおいしいですよ☆

香りがいいので好きな、スペイン産のオレンジの花のはちみつを使っています。
この日は家にあったピーカンナッツも砕いて入れてみましたが、歯応えが加わりアクセントになりました。

カロリーが高いのは間違いありませんが、まあいいか。



by plumpy | 2012-08-12 09:00 | 家食

神社エール

珍しいものをいただきました。
さて、これは一体なんでしょう?
a0224502_1873455.jpg
なんと糀をつかったジュースです。
見た目も味も甘酒に似ていますが、アルコール分はまったくなく飲み心地ももっとさらっとしています。
原材料は、米と米糀と生姜汁だけ。
何も加えないお米だけの上品な甘さに、生姜の香りがとてもさわやかな飲物です。
後口がすっきりしているので、こうしてオンザロックでいただくと暑さがすーっと引いていく気がします。
おいしくてつい何杯も飲んでしまっても、ノンアルコールなので大丈夫!

未開封時に写真を撮ったはずがうっかり消去してしまい、飲みかけの画像で失礼します↓
a0224502_1851035.jpg
鳥居の形のラベルがかわいくて◎ ゴロ合わせのようなネーミングもいいですね。


どうもありがとう。
たいへん美味しくいただきました。



by plumpy | 2012-08-10 09:00 | ちょっとしたおいしいもの

生春巻

中華料理の春巻はまず食べようとは思わないけれど、ベトナムやタイの料理で出てくる春巻は大好きです。
とくに野菜たっぷりの生春巻は大好物。
家で作る時もこれでもかって言うくらい野菜を入れるので、パンクしてしまうこともよくあります。
おうちで食べるのだから見た目が悪くても気にしない。
a0224502_18241123.jpg
この日の具材は、ゆでた海老、サニーレタス、キュウリ、アボカド、青シソ。
お店ではアボカドの入っている生春巻に遭遇したことはないので、本場では入れないのがデフォなのでしょうが、うちではマストな具材です。

たれは、スイートチリソースをレモン果汁で割ったもの。
アボカド入りなので、わさび醤油もよく合います。

火を使うのは海老をゆでる1、2分だけなので、夏場によく作るメニューです。



by plumpy | 2012-08-10 09:00 | 家食

Fortnum & Mason チョコレート

ロンドン土産のチョコレートです。
オレンジ、シナモン、ジンジャー、コーヒー、ミント、ミルクの6種類。
a0224502_13385930.jpg
各フレーバーともに味、香りが高く、大人のチョコという感じです。
オレンジとジンジャーが特に好みでした。

たいへんおいしくいただきました。
どうもありがとう☆



by plumpy | 2012-08-06 09:00 | スイーツ

ひっそり暮らしてたまにごそごそ活動します。
by plumpy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

タグ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧